CEFR-J 関連の科学研究費

基盤研究(A): 『英語到達度指標CEFR-J準拠のCAN-DO指導タスクおよびテスト開発と公開』


  • 課題番号: 16H01935
  • 研究代表者: 根岸雅史
  • 2016-2020年度
  • 研究分担者:石井康毅/和泉絵美/印南洋/内田諭/奥村学/金子恵美子/小泉利恵/酒井英樹/篠崎隆宏/高田智子/投野由紀夫/中谷安男/能登原祥之/長沼君主/村越亮治/

  • 基盤研究(A): 『学習者コーパスによる英語CEFRレベル基準特性の特定と活用に関する総合的研究』


  • 課題番号: 24242017
  • 研究代表者: 投野由紀夫
  • 2012-2015年度
  • 研究分担者:相川真佐夫/石井康毅/和泉絵美/内田諭/奥村学/金子恵美子/寺内一/中谷安男/根岸雅史/能登原祥之
  • 最終報告シンポジウム予稿集 (2016年3月) [PDF]
  • 最終報告書 (2016年3月) [PDF: 29.5MB]

  • 基盤研究(A): 『小,中,高,大の一貫する英語コミュニケーション能力の到達基準の策定とその検証』


  • 課題番号: 20242011
  • 研究代表者: 投野由紀夫
  • 2008-2011年度
  • 研究分担者:相川真佐夫/尾関直子/金森強/川成美香/笹島茂/椎名紀久子/高田智子/高橋美由紀/寺内一/中谷安男/中野美和子/根岸雅史/松井順子/緑川日出子/村野井仁
  • 中間報告書 (2010年12月) [PDF: 19MB]
  • 最終報告シンポジウム予稿集 (2012年3月) [PDF: 40MB]
  • 最終報告書 (2012年6月) [PDF: 5MB]

  • 基盤研究(A): 『第二言語習得研究を基盤とする小, 中, 高, 大の連携をはかる英語教育の先導的基礎研究』


  • 課題番号: 16202010
  • 研究代表者: 小池生夫
  • 2004-2007年度
  • 研究分担者:岡秀夫/尾関直子/金森強/佐野富士子/椎名紀久子/白畑知彦/高橋美由紀/寺内一/寺内正典/投野由紀夫/冨田祐一/中野美和子/根岸雅史/緑川日出子/村野井仁/若林茂則/川成美香/松井順子/渡部良典/相川真佐夫/笹島茂
  • 中間報告書[PDF: 150MB]
  • 最終報告シンポジウム予稿集[PDF]
  • 最終報告書 [PDF: 150MB]

  • 研究書

  • 投野由紀夫(編)『CAN-DOリスト活用 英語到達度指標 CEFR-J ガイドブック』(大修館書店)2013年6月発売
  • 口頭発表

    論文

  • Negishi, M., Tono, Y., and Fujita, Y. (2012) A validation study of the CEFR levels of phrasal verbs in the English Vocabulary Profile. English Profile Journal3/ August 2012, e3 (16 pages) [go to the site]
  • Negishi, M., Takada, T. and Tono, Y. (2012) A progress report on the development of the CEFR-J. Studies in Language Testing 36: 137-165. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Tono, Y. and Negishi, M. (2012) The CEFR-J: Adapting the CEFR for English Langauge Teaching in Japan. The JALT FLP SIG Newsletter No.8: 5-12. (September 2012). [PDF]
  • ↑ PAGE TOP