CEFR-J Resources

   こちらのページからダウンロードできる資料:
   ◯   CEFR-J 本体: 日本語版, 英語版
   ◯   CEFR-J Wordlist: Version 1.5 (2019.4.3 更新版), Version 1.3 (2016.8.28 更新版)
   ◯   CEFR-J Grammar Profile
   ◯   CEFR-J Text Profile
   ◯   ELP CAN-DO Descriptor Database

CEFR-J本体をダウンロード

使用許諾に同意していただいてダウンロードになります

※ダウンロード登録いただいた方には,不定期ですが会議やセミナー情報が送られます。

CEFR-J本体: 日本語版

  • CEFR-J本体
  • 5 技能 × 12レベル × 2つ(Cレベルは1つ)のcan doから成っています。
  • can do の難易度に関して妥当性検証の大規模調査を経て作られています。
  • Version 1.1 ; 2012/08/29 アップ
  • 改定点:話すこと(発表)のA1.3の「意見をいう」can doの日本語の文言を一部修正
  • Version 1.0 ; 2012/05/27 アップ
    最新版をダウンロード

    CEFR-J本体: 英語版

  • CEFR-Jの英語訳です。
  • ALTなどと共有する際にご利用ください。
  • Version 1.0 ; 2012/05/27アップ(英語はVersion 1.1はありません)
    最新版をダウンロード

    CEFR-J活用資料

    CEFR-J Wordlist

    本リストは、2008-2011年度科学研究費補助金(基盤研究(A))課題番号20242011 『小、中、高、大の一貫する英語コミュニケーション能力の到達基準の策定とその検証』(研究代表者:投野由紀夫) の一環で構築された CEFR-J Wordlist という名称の語彙表である。

    Version 1.5をダウンロード (2019.4.3 更新版)
    Version 1.3をダウンロード (2016.8.28 更新版)

    構築方法の概略
    本語彙表は、2004-2007年度基盤研究(A)(課題番号:16202010)(研究代表者:小池生夫)
    において、作成された教科書コーパス(中国・台湾・韓国の小中高の主力教科書を CEFR 基準に大まかに分類したもの) をベースに、各国・地域の CEFR レベル・テキストに取り扱われている共通語彙を抽出する、という方法で構築された。 コーパスの詳細は、当該の科研成果報告書を参照されたい。
    本語彙表の解説
    本ファイルは各シートに以下の名称で、語彙表を提示している:
    全体ファイル
    A1〜B2までのすべての単語を集計した全体表。

    headword:               見出し語
    pos:                        品詞
    Coreinventory1         A Core Inventory for General English の名詞分野カテゴリー(大項目)
    Coreinventory2         A Core Inventory for General English の名詞分野カテゴリー(下位項目)
    Threshold                 Threshold Level に付与されている Notion category で関連するもの
    (以下、すべてのレベル別語彙表も同様の情報がカラムで付与されている)

    ※概念のカテゴリータグは分類に従い、投野研究室で独自に付与したもので、Core Inventory などにすべての語彙が掲載されているわけではない。
    ※1行目をフィルター機能をオンにすることで、品詞別、カテゴリー別に語彙をフィルターすることができる。
    A1 - B2
    各レベル別語彙表 項目数(品詞別語) 見出し語 日本の学校教育での相当レベル
    A1 1165 1068 小学校~中学1年程度
    A2 1416 1359 中学2年~高校1年程度
    B1 2451 2358 高校2年~大学受験レベル
    B2 2783 2696 大学受験~大学教養レベル
    合計 7815 7481
    ※ 「日本の学校教育での相当レベル」 を新学習指導要領にあわせて改訂 (2019年3月4日)

    ただし、項目は同一単語の異なる品詞は別項目になっており、異なるCEFRレベルを付与している。
    本語彙表は、当初6000語に集約する予定であったが、English Vocabulary Profile との整合表を作成して、その差分を取り込むことにしたために、項目数が増加した。
    B2レベルの認識語彙を含めた基礎語彙力の指標、という位置づけで活用していただければ幸いである。
    なお、本語彙表の著作権は東京外国語大学投野研究室に帰属するが、適切な引用を行っていただければ研究教育および商用においても無償で利用できる。
    引用の仕方
    『CEFR-J Wordlist Version 1.5』 東京外国語大学投野由紀夫研究室. (URL: XXX より◎年◎月ダウンロード)
    免責事項
    1)本語彙表は無償で公開する物であり、本語彙表の使用により生じた一切の損害・不利益・批判などに対して、科研チームおよび投野研究室は一切の責任を負わない。
    2)商用利用に関しては、監修などを行う場合には別途相談の上、必要な経費を請求する。
    3)語彙表は不完全な部分があり、内容的に誤りがある可能性は否定できないので、随時改訂版を作成するものを利用されたい。
    4)本語彙表を改変して別の語彙表を作ることはかまわないが、必ず本語彙表を適切に引用しなければならない。
    The CEFR-J Wordlist Version 1.5
    This wordlist was created on the basis of the English textbook corpora compiled for the 2004-2007 Kaken (Kiban-A) project, led by Dr Ikuo Koike.
    The textbook corpora consist of the major English textbooks used at primary to secondary schools (Years 3 to 10) in China, Korea, and Taiwan. All the subcorpora were initially classified according to the CEFR levels, based on the analysis of the Course of Study provided in each country/region. The words used across all the three textbook corpora divided by pseudo-CEFR levels were extracted from each CEFR-level subcorpus. The results were compared with the English Vocabulary Profile and non-overlapping words were added to the list as supplement. All the words have part-of-speech information and corresponding CEFR levels. Also major nouns have thematic category information based on a Core Inventory and Threshold Levels.

    The copyright of this wordlist belongs to Tono Laboratory at TUFS, but the list can be used for both research and commercial purposes with a proper acknowledgement of the source. The citation should be made as follows:
    The CEFR-J Wordlist Version 1.5. Compiled by Yukio Tono, Tokyo University of Foreign Studies. Retrieved from http:XXX on dd/mm/yy.

    Revision history
    Version 1.4 --> 1.5
    ・以下の項目についてレベル修正:
    日時 単語 改訂内容
    4/3/2019 cold (adjective) B1--> A1
    4/3/2019 giraffe (noun) B2 --> B1

    ・READMEシートの以下の項目について修正:
    4/3/2019 各レベルの項目数を新しいデータに沿ったものへ更新。
    4/3/2019 日本の学校教育での相当レベルの更新。
    4/3/2019「見出し語数」の計算方法を追記。
    4/3/2019 バージョン表記を1.4から1.5へ更新。
    Version 1.3 --> 1.4
    今回の修正に関しては石井康毅氏(成城大学)、内田諭氏(九州大学)に謝意を表します。
    ・以下の項目で英米綴りに対応:
    日時 単語 改訂内容
    3/4/2019 adviser    adviser/advisor に変更
    3/4/2019 agonize    agonize/agonise に変更
    3/4/2019 apologize    apologize/apologise に変更
    3/4/2019 archaeologist    archeologist/archaeologist に変更
    3/4/2019 authorize    authorize/authorise に変更
    3/4/2019 categorization    categorization/categorisation に変更
    3/4/2019 categorize    categorize/categorise に変更
    3/4/2019 characterize    characterize/characterise に変更
    3/4/2019 civilization    civilization/civilisation に変更
    3/4/2019 criticize    criticize/criticise に変更
    3/4/2019 crystallize    crystallize/crystallise に変更
    3/4/2019 dehumanize    dehumanize/dehumanise に変更
    3/4/2019 disorganized    disorganized/disorganised に変更
    3/4/2019 emphasize    emphasize/emphasise に変更
    3/4/2019 familiarize    familiarize/familiarise に変更
    3/4/2019 generalization    generalization/generalisation に変更
    3/4/2019 generalize    generalize/generalise に変更
    3/4/2019 glamorous    glamorous/glamourous に変更
    3/4/2019 hospitalize    hospitalize/hospitalise に変更
    3/4/2019 humanize    humanize/humanise に変更
    3/4/2019 idolize    idolize/idolise に変更
    3/4/2019 industrialize    industrialize/industrialise に変更
    3/4/2019 install    install/instal に変更
    3/4/2019 jail    jail/gaol に変更
    3/4/2019 jeopardize    jeopardize/jeopardise に変更
    3/4/2019 mechanize    mechanize/mechanise に変更
    3/4/2019 medieval    medieval/mediaeval に変更
    3/4/2019 memorize    memorize/memorise に変更
    3/4/2019 minimize    minimize/minimise に変更
    3/4/2019 modal (verb)    modal verb/modal に変更
    3/4/2019 modernization    modernization/modernisation に変更
    3/4/2019 modernize    modernize/modernise に変更
    3/4/2019 overemphasize    overemphasize/overemphasise に変更
    3/4/2019 penalize    penalize/penalise に変更
    3/4/2019 popularize    popularize/popularise に変更
    3/4/2019 realization    realization/realisation に変更
    3/4/2019 realize    realize/realise に変更
    3/4/2019 reorganize    reorganize/reorganise に変更
    3/4/2019 revolutionize    revolutionize/revolutionise に変更
    3/4/2019 socialize    socialize/socialise に変更
    3/4/2019 specialize    specialize/specialise に変更
    3/4/2019 summarize    summarize/summarise に変更
    3/4/2019 sympathize    sympathize/sympathise に変更
    3/4/2019 unauthorized    unauthorized/unauthorised に変更
    3/4/2019 utilize    utilize/utilise に変更
    3/4/2019 well-organized    well-organized/well-organised に変更

    ・その他の修正:
    日時 単語 改訂内容
    3/4/2019 bewilder: 品詞をnounからverbに修正
    3/4/2019 percent: 見出し語をpercent/per centに変更、品詞をadverbからnounに変更
    3/4/2019 proper: 名詞の項目を削除
    3/4/2019 rid: 形容詞の項目を削除
    3/4/2019 spoil: 名詞の項目を削除
    3/4/2019 unconcern: 形容詞のunconcernedに修正
    3/4/2019 uncontrol: 項目を削除

    Version 1.2 --> 1.3
    日時 単語 改訂内容
    8/28/2016 provence 削除
    8/28/2016 enroll noun --> verb に修正
    8/28/2016 overestimate noun --> verb に修正

    Version 1.1 --> 1.2
    日時 単語 改訂内容
    7/3/2016 antiaircraft verb --> adjective に修正
    7/3/2016 exchage 削除
    7/3/2016 kew 削除
    7/3/2016 knickers 削除
    7/3/2016 luke 削除
    7/3/2016 nome 削除
    7/3/2016 striking noun 削除
    7/3/2016 displace noun --> verb に修正
    7/3/2016 detach noun --> verb に修正
    7/3/2016 resistance verb --> noun に修正

    CEFR-J Grammar Profile

    ★以下は CEFR-J プロジェクトで構築している文法事項のプロファイリング資料である。
    ★文法リスト選定の経緯に関しては、2016年度科研最終報告書に収録されている以下の論文を参照されたい:
    -- 石井康毅(2016)「CEFR-J Grammar Profile 構築のための 英文法項目の選定・抽出・頻度集計・精度評価 」投野由紀夫(編)(2016), 『平成 24 年度〜平成 27 年度科学研究費補助⾦ (基盤研究(A)) 研究課題番号 24242017 研究成果報告書 学習者コーパスによる英語 CEFR レベル基準特性の特定と活⽤に関する総合的研究』pp. 31-41.
    ---http://cefr-j.org/PDF/TonoKaken2012-2015FinalReport.pdf

    ★以下は、2018年3月の CEFR-J 2018 シンポジウムで公開されたデータである:
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目リストおよび抽出用正規表現リスト
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(CEFR コースブック全体)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(CEFR コースブック:出現位置別)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(CEFR コースブック:スキル別)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(学習者書き言葉コーパス:JEFLL-CEFRレベル
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(学習者話し言葉コーパス:NICT JLE-CEFRレベル別)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(中学・高校主要教科書別)

    ★免責事項:
    --2018年3月時点での公開データであり、抽出式の精度、コーパスのテキスト構造アノテーションの精度、など、誤りの可能性があることを留意されたい。
    --これらのデータは現状のままでお使いいただき、使用上のいかなる損害や批判に対して、CEFR-J プロジェクトは一切責任を負わない。

    ★引用の仕方:
  • データの引用:
    「CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト (XXXX上記のリストの種類を記述) 」 ダウンロード URL および年月日
  • 文献の引用:
    --CEFR-J Grammar Profile に関しては、平成24-27年度研究成果報告書の pp.31-162 に Grammar Profile 関連の一連の研究のまとめがある。
    ---http://cefr-j.org/PDF/TonoKaken2012-2015FinalReport.pdf
    --2017年以降の文法項目リストの整備は成城大学の石井康毅氏が行っており、彼の一連の論文を参考にして頂きたい:
    ---参照文献:

    CEFR-J Text Profile


  • ELP CAN-DO Descriptor Database

  • ヨーロッパ言語ポートフォリオ(European Language Portfolio)に掲載されている can do ディスクリプタ約2800を集約し,650程度のcan do にまとめて日本語訳を付したものです。
  • 東京外国語大学投野研究室で作成されました。
  • 免責事項:本データを使用したことによるいかなる不利益や損害に対しても,本科研チームおよび東京外国語大学投野研究室は一切の責任を負わない。
  • CEFR-J と同様,研究教育商用に自由に利用できますが,必ず以下のように引用してください: 「ELP Can do Descriptor Database」(2013) 東京外国語大学投野由紀夫研究室. およびこのダウンロードサイトの URLを掲載

  • Version1をダウンロード

    ↑ PAGE TOP