CEFR-J Resources


   こちらのページからダウンロードできる資料:
   ◯   CEFR-J 本体: 日本語版, 英語版
   ◯   CEFR-J Wordlist: Version 1.6 (2020.3.24 更新版)
   ◯   CEFR-J Grammar Profile
   ◯   CEFR-J Text Profile
   ◯   CEFR-J CAN-DO テストNEW
   ◯   ELP CAN-DO Descriptor Database

   CEFRレベル判定ツール:
   ◯    English Level Checker
   ◯    CEFR-basaed Vocabulary Level Analyzer (CVLA)

CEFR-J Workshops and Presentations


   ◯   CEFR-J 2020 webinar: オンデマンド・ワークショップ動画NEW
   ◯   CEFR-J 2020 webinar: オンデマンド・研究実践発表動画NEW

CEFR-J Resources

CEFR-J本体をダウンロード

使用許諾に同意していただいてダウンロードになります

※ダウンロード登録いただいた方には,不定期ですが会議やセミナー情報が送られます。

CEFR-J本体: 日本語版

  • CEFR-J本体
  • 5 技能 × 12レベル × 2つ(Cレベルは1つ)のcan doから成っています。
  • can do の難易度に関して妥当性検証の大規模調査を経て作られています。 Version 1.1 ; 2012/08/29 アップ
  • 改定点:話すこと(発表)のA1.3の「意見をいう」can doの日本語の文言を一部修正 Version 1.0 ; 2012/05/27 アップ
    最新版をダウンロード
  • CEFR-J本体: 英語版

  • CEFR-Jの英語訳です。
  • ALTなどと共有する際にご利用ください。 Version 1.0 ; 2012/05/27アップ(英語はVersion 1.1はありません)
    最新版をダウンロード
  • CEFR-J活用資料

    CEFR-J Wordlist

    本リストは、2008-2011年度科学研究費補助金(基盤研究(A))課題番号20242011 『小、中、高、大の一貫する英語コミュニケーション能力の到達基準の策定とその検証』(研究代表者:投野由紀夫) の一環で構築された CEFR-J Wordlist という名称の語彙表である。

    Version 1.6をダウンロード (2020.3.24 更新版)

    構築方法の概略
    本語彙表は、2004-2007年度基盤研究(A)(課題番号:16202010)(研究代表者:小池生夫)
    において、作成された教科書コーパス(中国・台湾・韓国の小中高の主力教科書を CEFR 基準に大まかに分類したもの) をベースに、各国・地域の CEFR レベル・テキストに取り扱われている共通語彙を抽出する、という方法で構築された。 コーパスの詳細は、当該の科研成果報告書を参照されたい。
    本語彙表の解説
    本ファイルは各シートに以下の名称で、語彙表を提示している:
    全体ファイル
    A1〜B2までのすべての単語を集計した全体表。

    headword:               見出し語
    pos:                        品詞
    Coreinventory1         A Core Inventory for General English の名詞分野カテゴリー(大項目)
    Coreinventory2         A Core Inventory for General English の名詞分野カテゴリー(下位項目)
    Threshold                 Threshold Level に付与されている Notion category で関連するもの
    (以下、すべてのレベル別語彙表も同様の情報がカラムで付与されている)

    ※概念のカテゴリータグは分類に従い、投野研究室で独自に付与したもので、Core Inventory などにすべての語彙が掲載されているわけではない。
    ※1行目をフィルター機能をオンにすることで、品詞別、カテゴリー別に語彙をフィルターすることができる。
    A1 - B2
    各レベル別語彙表 項目数(品詞別語) 見出し語(参考) 日本の学校教育での相当レベル
    A1 1166 1068 小学校~中学1年程度
    A2 1411 1352 中学2年~高校1年程度
    B1 2445 2353 高校2年~大学受験レベル
    B2 2779 2692 大学受験~大学教養レベル
    合計 7801 6868
    ※ 「見出し語数(参考)」はA1~B2とALLの各シート上のheadwordの列のデータを対象として、大文字と小文字を区別してソートし、重複項目を削除した結果の数である。 品詞によってレベルが異なる見出し語があるため、A1~B2の見出し語数の合計と「全レベル」の見出し語数は一致しない。(2020年3月24日)
    ※ 「日本の学校教育での相当レベル」 を新学習指導要領にあわせて改訂 (2019年3月4日)

    ただし、項目は同一単語の異なる品詞は別項目になっており、異なるCEFRレベルを付与している。
    本語彙表は、当初6000語に集約する予定であったが、English Vocabulary Profile との整合表を作成して、その差分を取り込むことにしたために、項目数が増加した。
    B2レベルの認識語彙を含めた基礎語彙力の指標、という位置づけで活用していただければ幸いである。
    なお、本語彙表の著作権は東京外国語大学投野研究室に帰属するが、適切な引用を行っていただければ研究教育および商用においても無償で利用できる。
    引用の仕方
    『CEFR-J Wordlist Version 1.6』 東京外国語大学投野由紀夫研究室. (URL: XXX より◎年◎月ダウンロード)
    免責事項
    1)本語彙表は無償で公開する物であり、本語彙表の使用により生じた一切の損害・不利益・批判などに対して、科研チームおよび投野研究室は一切の責任を負わない。
    2)商用利用に関しては、監修などを行う場合には別途相談の上、必要な経費を請求する。
    3)語彙表は不完全な部分があり、内容的に誤りがある可能性は否定できないので、随時改訂版を作成するものを利用されたい。
    4)本語彙表を改変して別の語彙表を作ることはかまわないが、必ず本語彙表を適切に引用しなければならない。
    The CEFR-J Wordlist Version 1.6
    This wordlist was created on the basis of the English textbook corpora compiled for the 2004-2007 Kaken (Kiban-A) project, led by Dr Ikuo Koike.
    The textbook corpora consist of the major English textbooks used at primary to secondary schools (Years 3 to 10) in China, Korea, and Taiwan. All the subcorpora were initially classified according to the CEFR levels, based on the analysis of the Course of Study provided in each country/region. The words used across all the three textbook corpora divided by pseudo-CEFR levels were extracted from each CEFR-level subcorpus. The results were compared with the English Vocabulary Profile and non-overlapping words were added to the list as supplement. All the words have part-of-speech information and corresponding CEFR levels. Also major nouns have thematic category information based on a Core Inventory and Threshold Levels.

    The copyright of this wordlist belongs to Tono Laboratory at TUFS, but the list can be used for both research and commercial purposes with a proper acknowledgement of the source. The citation should be made as follows:
    The CEFR-J Wordlist Version 1.6. Compiled by Yukio Tono, Tokyo University of Foreign Studies. Retrieved from http:XXX on dd/mm/yy.

    Version 1.5 --> 1.6
    今回の修正に関しては石井康毅氏(成城大学)、内田諭氏(九州大学)、水本篤氏 (関西大学) に謝意を表します。

    ・以下の項目について修正:
    日時 単語 改訂内容
    3/24/2020 afterwards afterward に統合して afterward/afterwards に変更
    3/24/2020 being (be-verb) A1に追加
    3/24/2020 check-in (noun) 重複を削除
    3/24/2020 composer CoreInventory 2のカテゴリータグ Art を Arts に修正
    3/24/2020 course CoreInventory 2のカテゴリータグ Ways of traveling を Ways of travelling に修正
    3/24/2020 darling (noun) Threasholdのカテゴリータグ darling を削除
    3/24/2020 data Threasholdのカテゴリータグ 重複? を削除
    3/24/2020 daughter-in-law Threasholdのカテゴリータグ darling を Personal identification に変更
    3/24/2020 eastward eastward/eastwards に変更
    3/24/2020 emphasize/emphasize emphasize/emphasise に修正
    3/24/2020 forward forward/forwards に変更
    3/24/2020 having A1に追加
    3/24/2020 northward northward/northwards に変更
    3/24/2020 phoenix phoenix/phenix に変更
    3/24/2020 programmer programmer/programer に変更
    3/24/2020 programming programming/programing に変更
    3/24/2020 skyward skyward/skywards に変更
    3/24/2020 southward southward/southwards に変更
    3/24/2020 story story/storey に変更
    3/24/2020 tonne B2に追加
    3/24/2020 wagon wagon/waggon に変更
    3/24/2020 westward westward/westwards に変更
    3/24/2020 yogurt/yoghurt yogurt/yoghurt/yoghourt に変更
    3/24/2020 (多数の見出し語) CoreInventory 1とCoreInventory 2のカテゴリータグ Work and Jobs を Work and jobs に修正
    Version 1.4 --> 1.5
    ・以下の項目についてレベル修正:
    日時 単語 改訂内容
    4/3/2019 cold (adjective) B1--> A1
    4/3/2019 giraffe (noun) B2 --> B1

    ・READMEシートの以下の項目について修正:
    4/3/2019 各レベルの項目数を新しいデータに沿ったものへ更新。
    4/3/2019 日本の学校教育での相当レベルの更新。
    4/3/2019「見出し語数」の計算方法を追記。
    4/3/2019 バージョン表記を1.4から1.5へ更新。
    Version 1.3 --> 1.4
    今回の修正に関しては石井康毅氏(成城大学)、内田諭氏(九州大学)に謝意を表します。
    ・以下の項目で英米綴りに対応:
    日時 単語 改訂内容
    3/4/2019 adviser    adviser/advisor に変更
    3/4/2019 agonize    agonize/agonise に変更
    3/4/2019 apologize    apologize/apologise に変更
    3/4/2019 archaeologist    archeologist/archaeologist に変更
    3/4/2019 authorize    authorize/authorise に変更
    3/4/2019 categorization    categorization/categorisation に変更
    3/4/2019 categorize    categorize/categorise に変更
    3/4/2019 characterize    characterize/characterise に変更
    3/4/2019 civilization    civilization/civilisation に変更
    3/4/2019 criticize    criticize/criticise に変更
    3/4/2019 crystallize    crystallize/crystallise に変更
    3/4/2019 dehumanize    dehumanize/dehumanise に変更
    3/4/2019 disorganized    disorganized/disorganised に変更
    3/4/2019 emphasize    emphasize/emphasise に変更
    3/4/2019 familiarize    familiarize/familiarise に変更
    3/4/2019 generalization    generalization/generalisation に変更
    3/4/2019 generalize    generalize/generalise に変更
    3/4/2019 glamorous    glamorous/glamourous に変更
    3/4/2019 hospitalize    hospitalize/hospitalise に変更
    3/4/2019 humanize    humanize/humanise に変更
    3/4/2019 idolize    idolize/idolise に変更
    3/4/2019 industrialize    industrialize/industrialise に変更
    3/4/2019 install    install/instal に変更
    3/4/2019 jail    jail/gaol に変更
    3/4/2019 jeopardize    jeopardize/jeopardise に変更
    3/4/2019 mechanize    mechanize/mechanise に変更
    3/4/2019 medieval    medieval/mediaeval に変更
    3/4/2019 memorize    memorize/memorise に変更
    3/4/2019 minimize    minimize/minimise に変更
    3/4/2019 modal (verb)    modal verb/modal に変更
    3/4/2019 modernization    modernization/modernisation に変更
    3/4/2019 modernize    modernize/modernise に変更
    3/4/2019 overemphasize    overemphasize/overemphasise に変更
    3/4/2019 penalize    penalize/penalise に変更
    3/4/2019 popularize    popularize/popularise に変更
    3/4/2019 realization    realization/realisation に変更
    3/4/2019 realize    realize/realise に変更
    3/4/2019 reorganize    reorganize/reorganise に変更
    3/4/2019 revolutionize    revolutionize/revolutionise に変更
    3/4/2019 socialize    socialize/socialise に変更
    3/4/2019 specialize    specialize/specialise に変更
    3/4/2019 summarize    summarize/summarise に変更
    3/4/2019 sympathize    sympathize/sympathise に変更
    3/4/2019 unauthorized    unauthorized/unauthorised に変更
    3/4/2019 utilize    utilize/utilise に変更
    3/4/2019 well-organized    well-organized/well-organised に変更

    ・その他の修正:
    日時 単語 改訂内容
    3/4/2019 bewilder: 品詞をnounからverbに修正
    3/4/2019 percent: 見出し語をpercent/per centに変更、品詞をadverbからnounに変更
    3/4/2019 proper: 名詞の項目を削除
    3/4/2019 rid: 形容詞の項目を削除
    3/4/2019 spoil: 名詞の項目を削除
    3/4/2019 unconcern: 形容詞のunconcernedに修正
    3/4/2019 uncontrol: 項目を削除

    Version 1.2 --> 1.3
    日時 単語 改訂内容
    8/28/2016 provence 削除
    8/28/2016 enroll noun --> verb に修正
    8/28/2016 overestimate noun --> verb に修正

    Version 1.1 --> 1.2
    日時 単語 改訂内容
    7/3/2016 antiaircraft verb --> adjective に修正
    7/3/2016 exchage 削除
    7/3/2016 kew 削除
    7/3/2016 knickers 削除
    7/3/2016 luke 削除
    7/3/2016 nome 削除
    7/3/2016 striking noun 削除
    7/3/2016 displace noun --> verb に修正
    7/3/2016 detach noun --> verb に修正
    7/3/2016 resistance verb --> noun に修正

    CEFR-J Grammar Profile

    ★以下は CEFR-J プロジェクトで構築している文法事項のプロファイリング資料である。
    ★文法リスト選定の経緯に関しては、下記の文献を参照されたい。
    ★「教員版」は東京外国語大学投野由紀夫研究室で作成した、各文法項目を導入すべき時期の情報を含む教員向けのデータである。これは CEFR-J プロジェクトで作成した EFL コースブックコーパスの位置分割データ(各コースブックの前半部・中央部・後半部などのうちのどこで各文法項目が使用されているかを集計したデータ)を利用して、頻度と分布(range;どれだけ多くのテキストで使用されているか)情報から各項目の導入時期を決めたものである。

    ★以下は、2020年2月時点でのデータである:
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目リストおよび抽出用正規表現リスト
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(CEFR コースブック全体)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(CEFR コースブック:出現位置別)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(CEFR コースブック:スキル別)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(学習者書き言葉コーパス:JEFLL CEFRレベル別)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(学習者話し言葉コーパス:NICT JLE CEFR-Jレベル別)
    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(中学・高校主要教科書別)

    CEFR-J Grammar Profile 教員版

    CEFR-J Grammar Profile 全データ(Excel ファイル)

    CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度分析プログラム(Perlスクリプト一式、20200220版の文法項目正規表現ファイルを同梱)

    ★免責事項:
    --2020年2月時点での公開データであり、抽出式の精度、コーパスのテキスト構造アノテーションの精度、など、誤りの可能性があることを留意されたい。
    --これらのデータは現状のままでお使いいただき、使用上のいかなる損害や批判に対しても、CEFR-J プロジェクトは一切責任を負わない。

    ★引用の仕方:
  • データの引用:
    --データを利用した場合は、本文中などでバージョン(「20200220」など)も明示していただきたい。
    ---「CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度リスト(XXXX;上記のデータの種類を記述)」 ダウンロード URL および年月日
    ---「CEFR-J Grammar Profile 教員版」 ダウンロード URL および年月日
    ---石井康毅(2020)「CEFR-J Grammar Profile 文法項目頻度分析プログラム」 ダウンロード URL および年月日

  • 文献の引用:
    --論文等において CEFR-J Grammar Profile を利用・参照・引用した場合は、以下の文献のうちのいずれかを引用していただきたい。
    ---投野由紀夫(編)(2016)『平成24年度~平成27年度科学研究費補助金 (基盤研究(A)) 研究課題番号 24242017 研究成果報告書 学習者コーパスによる英語CEFRレベル基準特性の特定と活用に関する総合的研究』. (pp. 31–159 に、CEFR-J Grammar Profile に関する、2016年3月までの一連の研究がまとめられている)
    ---石井康毅(2016)「英文中の文法項目頻度調査のための項目選定と英文からの抽出法―CEFR-Jの枠組みでの研究―」『社会イノベーション研究』, 11(2), 成城大学社会イノベーション学会, 107-121.
    ---石井康毅(2018)「CEFR-J Grammar Profileとは何か」『英語教育』, 2018年6月号, 35–36. 大修館書店.
    ---Ishii, Y., & Tono, Y. (2018) Investigating Japanese EFL learners' overuse/underuse of English grammar categories and their relevance to CEFR levels. In Y. Tono & H. Isahara (Eds.), Proceedings of the 4th Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2018) (pp. 160–165).
    ---Ishii, Y. (2018, Nov. 16). Investigating the frequency and dispersion of English grammatical items in textbooks and learner corpora: For more informed ELT practice. Poster presented at Grammar and Corpora 2018, Paris.
    ---石井康毅(2020a)「Q12 CEFR-J Grammar Profileの文法項目はどのように選定・抽出されましたか?」投野由紀夫,根岸雅史(編)『教材・テスト作成のためのCEFR-Jリソースブック』(pp. 61–68). 大修館書店.
    ---石井康毅(2020b)「Q16 CEFR-J Grammar Profileを文法指導にどのように活かせますか」投野由紀夫,根岸雅史(編)『教材・テスト作成のためのCEFR-Jリソースブック』(pp. 84–90). 大修館書店.

    CEFR-J Text Profile

    Text Profile関連では、以下のような資料やツールを公開している。

    ★Text profile関連の資料
    後日アップします。

    ★Text profile関連のツール:CVLA
    CVLA (CEFR-based Vocabulary Level Analyzer)は入力したテキストのCEFR-Jレベルを推定するツールである。科研費(JP24242017, JP16H01935)の補助を受けて作成された教科書コーパスの統計値を基に回帰式によって算出している。リーディングとリスニングの2つのモードが用意されている(ただし、ダイアログ形式のものは正しく分析できない)。
    ★引用の仕方:
  • 分析にCVLAを使用した場合は、下記の論文を引用し、バージョンを明示していただきたい:
    Uchida, Satoru and Masashi Negishi (2018) Assigning CEFR-J levels to English texts based on textual features. In Y. Tono and H. Isahara (eds.) Proceedings of the 4th Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2018), pp. 463-467. [PDF]
    ★免責事項:
    分析結果は推定値であり、正確な結果を保証するものではない。また、 短いテキストでは推定値が大きくずれることがある(およそ300語程度以上あれば、結果は比較的安定する)。なお、バージョンアップ等により、推定結果が変わる可能性がある。使用上のいかなる損害や批判に対して、CEFR-J プロジェクトは一切責任を負わない。

  • CEFR-J CAN-DO テスト

    本テスト・サンプルは科学研究費基盤研究(A)「英語到達度指標 CEFR-J 準拠の CAN-DO 指導タスクおよびテスト開発と公開」(2016-2019 年度、課題番号:16H01935、研究代表者:根岸雅史)の研究成果である。

    ★免責事項:
    〇 本テスト・サンプルは、CEFR-J 準拠の CAN-DO テストとして、教育・研究用に無償公開する。本テストはサンプルであるが、目的に応じてそのままでまたは適宜改変しての利用を許可する。
    〇 本テスト・サンプル利用の際は教育・研究・商用を問わず、必ず下記の引用を行うこと:
    『CEFR-J CAN-DO テスト:サンプル版』(Version 1.0) ダウンロード URL および年月日
    〇 本テスト・サンプルの使用における損害・不利益・批判などに対して、CEFR-J科研チームおよびCEFR-J 資料一式を管理している東京外国語大学投野研究室は一切の責任を負わない。

  • 技能: 聞くこと (PreA1-B2.2)・ 読むこと (PreA1-B2.2)・ やりとり (PreA1-B2.2)・ 発表 (PreA1-B1.1)・ 書くこと (PreA1-B1.2)
    聞くこと PreA1 A1.1 A1.2 A1.3 A2.1
    ゆっくりはっきりと話されれば、日常の身近な単語を聞きとることができる。 当人に向かって、ゆっくりはっきりと話されれば、「立て」「座れ」「止まれ」といった短い簡単な指示を理解することができる。 趣味やスポーツ、部活動などの身近なトピックに関する短い話を、ゆっくりはっきりと話されれば、理解することができる。 ゆっくりはっきりと話されれば、自分自身や自分の家族・学校・地域などの身の回りの事柄に関連した句や表現を理解することができる。 ゆっくりはっきりと放送されれば、公共の乗り物や駅や空港の短い簡潔なアナウンスを理解することができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    英語の文字が発音されるのを聞いて、どの文字かわかる。 日常生活に必要な重要な情報 (数字、品物の値段、日付、曜日など) を、ゆっくりはっきりと話されれば、聞きとることができる。 日常生活の身近なトピックについての話を、ゆっくりはっきりと話されれば、場所や時間等の具体的な情報を聞きとることができる。 (買い物や外食などで) 簡単な用をたすのに必要な指示や説明を、ゆっくりはっきりと話されれば、理解することができる。 学校の宿題、旅行の日程などの明確で具体的な事実を、はっきりとなじみのある発音で指示されれば、要点を理解することができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    A2.2 B1.1 B1.2 B2.1 B2.2
    スポーツ・料理などの一連の行動を、ゆっくりはっきりと指示されれば、指示通りに行動することができる。 外国の行事や習慣などに関する説明の概要を、ゆっくりはっきりと話されれば、理解することができる。 自然な速さの録音や放送 (天気予報や空港のアナウンスなど) を聞いて、自分に関心のある、具体的な情報の大部分を聞き取ることができる。 自然な速さの標準的な英語で話されていれば、テレビ番組や映画の母語話者同士の会話の要点を理解できる。 非母語話者への配慮としての言語的な調整がなされていなくても、母語話者同士の多様な会話の流れ (テレビ、映画など) についていくことができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    視覚補助のある作業 (料理、工作など) の指示を、ゆっくりはっきりと話されれば、聞いて理解することができる。 自分の周りで話されている少し長めの議論でも、はっきりとなじみのある発音であれば、その要点を理解することができる。 はっきりとなじみのある発音で話されれば、身近なトピックの短いラジオニュースなどを聞いて、要点を理解することができる。 トピックが身近であれば、長い話や複雑な議論の流れを理解することができる。 自然な速さで標準的な発音の英語で話されていれば、現代社会や専門分野のトピックについて、話者の意図を理解することができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    一括ダウンロード [PDF] ※ 音源は後日公開します
    読むこと PreA1 A1.1 A1.2 A1.3 A2.1
    口頭活動で既に慣れ親しんだ絵本の中の単語を見つけることができる。 「駐車禁止」、「飲食禁止」等の日常生活で使われる非常に短い簡単な指示を読み、理解することができる。 簡単なポスターや招待状等の日常生活で使われる非常に短い簡単な文章を読み、理解することができる。 簡単な語を用いて書かれた、スポーツ・音楽・旅行など個人的な興味のあるトピックに関する文章を、イラストや写真も参考にしながら理解することができる。 簡単な語を用いて書かれた人物描写、場所の説明、日常生活や文化の紹介などの、説明文を理解することができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    ブロック体で書かれた大文字・小文字がわかる。 ファーストフード・レストランの、絵や写真がついたメニューを理解し、選ぶことができる。 身近な人からの携帯メールなどによる、旅の思い出などが書かれた非常に短い簡単な近況報告を理解することができる。 簡単な語を用いて書かれた、挿絵のある短い物語を理解することができる。 簡単な語を用いて書かれた短い物語や伝記などを理解することができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    A2.2 B1.1 B1.2 B2.1 B2.2
    簡単な英語で表現されていれば、旅行ガイドブック、レシピなど実用的・具体的で内容が予想できるものから必要な情報を探すことができる。 学習を目的として書かれた新聞や雑誌の記事の要点を理解することができる。 インターネットや参考図書などを調べて、文章の構成を意識ながら、学業や仕事に関係ある情報を手に入れることができる。必要であれば時に辞書を用いて、図表と関連づけながら理解することができる。 現代の問題など一般的関心の高いトピックを扱った文章を、辞書を使わずに読み、複数の視点の相違点や共通点を比較しながら読むことができる。 記事やレポートなどのやや複雑な文章を一読し、文章の重要度を判断することができる。綿密な読みが必要と判断した場合は、読む速さや読み方を変えて、正確に読むことができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    生活、趣味、スポーツなど、日常的なトピックを扱った文章の要点を理解したり、必要な情報を取り出したりすることができる。 ゲームのやり方、申込書の記入のしかた、ものの組み立て方など、簡潔に書かれた手順を理解することができる。 平易な英語で書かれた長めの物語の筋を理解することができる。 難しい部分を読み返すことができれば、自分の専門分野の報告書・仕様書・操作マニュアルなどを、詳細に理解することができる。 自分の専門分野の論文や資料から、辞書を使わずに、必要な情報や論点を読み取ることができる。
    [PDF]
    一括ダウンロード [PDF]
    やりとり PreA1 A1.1 A1.2 A1.3 A2.1
    基礎的な語句を使って、「助けて!」や「~が欲しい」などの自分の要求を伝えることができる。また、必要があれば、欲しいものを指さししながら自分の意思を伝えることが出来る。 なじみのある定型表現を使って、時間・日にち・場所について質問したり、質問に答えたりすることができる。 基本的な語や言い回しを使って日常のやりとり (何ができるかできないかや色についてのやりとりなど)、において単純に応答することができる。 趣味、部活動などのなじみのあるトピックに関して、はっきりと話されれば、簡単な質疑応答をすることができる。 順序を表す表現であるfirst, then, nextなどのつなぎ言葉や「右に曲がって」や「まっすぐ行って」などの基本的な表現を使って、単純な道案内をすることができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    一般的な定型の日常の挨拶や季節の挨拶をしたり、そうした挨拶に応答したりすることができる。 家族、日課、趣味などの個人的なトピックについて、(必ずしも正確ではないが) なじみのある表現や基礎的な文を使って、質問したり、質問に答えたりすることができる。 スポーツや食べ物などの好き嫌いなどのとてもなじみのあるトピックに関して、はっきり話されれば、限られたレパートリーを使って、簡単な意見交換をすることができる。 基本的な語や言い回しを使って、人を誘ったり、誘いを受けたり、断ったりすることができる。 補助となる絵やものを用いて、基本的な情報を伝え、また、簡単な意見交換をすることができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    A2.2 B1.1 B1.2 B2.1 B2.2
    簡単な英語で、意見や気持ちをやりとりしたり、賛成や反対などの自分の意見を伝えたり、物や人を較べたりすることができる。 身近なトピック (学校・趣味・将来の希望) について、簡単な英語を幅広く使って意見を表明し、情報を交換することができる。 病院や市役所といった場所において、詳細にまた自信を持って、問題を説明することができる。関連する詳細な情報を提供して、その結果として正しい処置を受けることができる。 ある程度なじみのあるトピックならば、新聞・インターネットで読んだり、テレビで見たニュースの要点について議論することができる。 一般的な分野から、文化、学術などの、専門的な分野まで、幅広いトピックの会話に積極的に参加し、自分の考えを正確かつ流暢に表現することができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    予測できる日常的な状況 (郵便局・駅・店など) ならば、さまざまな語や表現を用いてやり取りができる。 個人的に関心のある具体的なトピックについて、簡単な英語を多様に用いて、社交的な会話を続けることができる。 駅や店などの一般的な場所で、間違った切符の購入などといったサービスに関する誤りなどの問題を、自信を持って詳しく説明することができる。相手が協力的であれば、丁寧に依頼したり、お礼を言って、正しいものやサービスを受けることができる。 母語話者同士の議論に加われないこともあるが、自分が学んだトピックや自分の興味や経験の範囲内のトピックなら、抽象的なトピックであっても、議論できる。 幅広い慣用表現を使って、雑誌記事に対して意見を交換することができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    一括ダウンロード [PDF]
    評価基準のダウンロード[PDF]
    発表 PreA1 A1.1 A1.2 A1.3 A2.1
    簡単な語や基礎的な句を用いて、自分についてのごく限られた情報 (名前、年齢など) を伝えることができる。 基礎的な語句、定型表現を用いて、限られた個人情報 (家族や趣味など) を伝えることができる。 前もって発話することを用意した上で、限られた身近なトピックについて、簡単な語や基礎的な句を限られた構文を用い、簡単な意見を言うことができる。 前もって発話することを用意した上で、限られた身近なトピックについて、簡単な語や基礎的な句を限られた構文に用い、複数の文で意見を言うことができる。 一連の簡単な語句や文を使って、自分の趣味や特技に触れながら自己紹介をすることができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    前もって話すことを用意した上で、基礎的な語句、定型表現を用いて、人前で実物などを見せながらその物を説明することができる。 基礎的な語句、定型表現を用いて、簡単な情報 (時間や日時、場所など) を伝えることができる。 前もって発話することを用意した上で、日常生活の物事を、簡単な語や基礎的な句を限られた構文を用い、簡単に描写することができる。 前もって発話することを用意した上で、日常生活に関する簡単な事実を、簡単な語や基礎的な句を限られた構文を用い、複数の文で描写できる。 写真や絵、地図などの視覚的補助を利用しながら、一連の簡単な句や文を使って、身近なトピック(学校や地域など)について短い話をすることができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    A2.2 B1.1 B1.2 B2.1 B2.2
    写真や絵、地図などの視覚的補助を利用しながら、一連の簡単な語句や文を使って、自分の毎日の生活に直接関連のあるトピック(自分のこと、学校のこと、地域のことなど)について、短いスピーチをすることができる。 使える語句や表現を繋いで、自分の経験や夢、希望を順序だて、話しを広げながら、ある程度詳しく語ることができる。 短い読み物か短い新聞記事であれば、ある程度の流暢さをもって、自分の感想や考えを加えながら、あらすじや要点を順序だてて伝えることができる。 ある視点に賛成または反対の理由や代替案などをあげて、事前に用意されたプレゼンテーションを聴衆の前で流暢に行うことができ、一連の質問にもある程度流暢に対応ができる。 要点とそれに関連する詳細の両方に焦点を当てながら、流暢にプレゼンテーションができ、また、あらかじめ用意されたテキストから自然にはなれて、聴衆が興味のある点に対応してプレゼンテーションの内容を調整し、そこでもかなり流暢に容易に表現できる。
    [PDF] [PDF]
    一連の簡単な語句や文を使って、意見や行動計画を、理由を挙げて短く述べることができる。 自分の考えを事前に準備して、メモの助けがあれば、聞き手を混乱させないように、馴染みのあるトピックや自分に関心のある事柄について語ることができる。 自分の関心事であれば、社会の状況 (ただし自分の関心事) について、自分の意見を加えてある程度すらすらと発表し、聴衆から質問がでれば相手に理解できるように答えることができる。 ディベートなどで、そのトピックが関心のある分野のものであれば、論拠を並べ自分の主張を明確に述べることができる。 ディベートなどで、社会問題や時事問題に関して、補助的観点や関連事例を詳細に加えながら、自分の視点を明確に展開することができ、話を続けることができる。
    [PDF] [PDF]
    一括ダウンロード [PDF]
    書くこと PreA1 A1.1 A1.2 A1.3 A2.1
    アルファベットの大文字・小文字、単語のつづりをブロック体で書くことができる。 住所・氏名・職業などの項目がある表を埋めることができる。 簡単な語や基礎的な表現を用いて、身近なこと (好き嫌い、家族、学校生活など) について短い文章を書くことができる。 自分の経験について、辞書を用いて、短い文章を書くことができる。 日常的・個人的な内容であれば、招待状、私的な手紙、メモ、メッセージなどを簡単な英語で書くことができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    単語のつづりを1文字ずつ発音されれば、聞いてそのとおり書くことができる。また書いてあるものを写すことができる。 自分について基本的な情報 (名前、住所、家族など) を辞書を使えば短い句または文で書くことができる。 簡単な語や基礎的な表現を用いて、メッセージカード (誕生日カードなど) や身近な事柄についての短いメモなどを書ける。 趣味や好き嫌いについて複数の文を用いて、簡単な語や基礎的な表現を使って書くことができる。 文と文をand, but, becauseなどの簡単な接続詞でつなげるような書き方であれば、基礎的・具体的な語彙、簡単な句や文を使った簡単な英語で、日記や写真、事物の説明文などのまとまりのある文章を書くことができる。
    [PDF] [PDF] [PDF] [PDF] [PDF]
    A2.2 B1.1 B1.2 B2.1 B2.2
    身の回りの出来事や趣味、場所、仕事などについて、個人的経験や自分に直接必要のある領域での事柄であれば、簡単な描写ができる。 自分に直接関わりのある環境(学校、職場、地域など)での出来事を、身近な状況で使われる語彙・文法を用いて、ある程度まとまりのあるかたちで、描写することができる。 新聞記事や映画などについて、専門的でない語彙や複雑でない文法構造を用いて、自分の意見を含めて、あらすじををまとめたり、基本的な内容を報告したりすることができる。 自分の専門分野であれば、メールやファックス、ビジネス・レターなどのビジネス文書を、感情の度合いをある程度含め、かつ用途に合った適切な文体で、書くことができる。 自分の専門分野や関心のある事柄であれば、複雑な内容を含む報告書や論文などを、原因や結果、仮定的な状況も考慮しつつ、明瞭かつ詳細な文章で書くことができる。
    [PDF] [PDF] [PDF]
    聞いたり読んだりした内容 (生活や文化の紹介などの説明や物語) であれば、基礎的な日常生活語彙や表現を用いて、感想や意見などを短く書くことができる。 身近な状況で使われる語彙・文法を用いれば、筋道を立てて、作業の手順などを示す説明文を書くことができる。 物事の順序に従って、旅行記や自分史、身近なエピソードなどの物語文を、いくつかのパラグラフで書くことができる。また、近況を詳しく伝える個人的な手紙を書くことができる。 そのトピックについて何か自分が知っていれば、多くの情報源から統合して情報や議論を整理しながら、それに対する自分の考えの根拠を示しつつ、ある程度の結束性のあるエッセイやレポートなどを、幅広い語彙や複雑な文構造をある程度使って、書くことができる。 感情や体験の微妙なニュアンスを表現するのでなければ、重要点や補足事項の詳細を適切に強調しながら、筋道だった議論を展開しつつ、明瞭で結束性の高いエッセイやレポートなどを、幅広い語彙や複雑な文構造を用いて、書くことができる。
    [PDF] [PDF] [PDF]
    一括ダウンロード [PDF]

    ELP CAN-DO Descriptor Database

  • ヨーロッパ言語ポートフォリオ(European Language Portfolio)に掲載されている can do ディスクリプタ約2800を集約し,650程度のcan do にまとめて日本語訳を付したものである。
  • 東京外国語大学投野研究室で作成された。
  • 免責事項:本データを使用したことによるいかなる不利益や損害に対しても,本科研チームおよび東京外国語大学投野研究室は一切の責任を負わない。
  • CEFR-J と同様,研究教育商用に自由に利用できますが,必ず以下のように引用していただきたい:
    「ELP Can do Descriptor Database」(2013) 東京外国語大学投野由紀夫研究室. およびこのダウンロードサイトの URLを掲載

  • Version1をダウンロード

    CEFR-J Workshops and Presentations


    オンデマンド・ワークショップ動画


    【Writing】Bレベルの
    ライティング・タスクの作成
    【Spoken Interaction】
    テストタスクの実施と採点
    ―A2.2タスクに焦点をおいて
    【音声認識】
    音声認識の入門
    能登原 祥之
    (同志社大学)
    金子 恵美子 (会津大学)
    小泉利恵 (順天堂大学)
    篠崎 隆宏
    (東京工業大学)

    オンデマンド・研究実践発表動画


    デジタルネイティブ世代の高校生のためのスピーキング指導法 学習者の産出語彙増加を目指すCEFR-J Wordlistを用いた語彙学習システムの試み
    ―MoodleとQuizletを利用して―
    潜在プロファイル分析を用いたCEFR-Jレベルの推定
    水野 資子
    (目白研心中学校高等学校)
    金子 麻子 (東京理科大学)
    Dean Poland (早稲田大学)
    Alana Campbell (昭和女子大学)
    吉冨朝子 (東京外国語大学)
    馬場 正太郎
    (東京外国語大学大学院生)

    CEFR-Jを用いた校内パフォーマンス評価タスクと
    外部試験との関連についての考察
    Applying the CEFR-J to English language textbook design
    松井 市子
    (新潟県立津南中等教育学校)
    Colin Thompson
    (Josai International University)

    ↑ PAGE TOP